誰もが知っておくべき!ブラックフォーマルについての常識

>

ブラックフォーマルのやってはいけないこと

間違いを正そう!やってはいけないこと

勘違いや思い込みでブラックフォーマルについての知識が偏っていたり間違ったままの人もいるかもしれません。
ここではブラックフォーマルの間違いがちな点について紹介します。

×一度購入すれば問題ない?
あまり高頻度で着るようなものではありませんが、例えば二十代と三十代では体型は変わってきます。
そのため、ブラックフォーマルは生活や年齢に合わせて購入するべきだと言えます。
×防寒対策として厚手の黒いタイツを着用する
ファッションもしくは防寒のためのアイテムであるタイツは、冠婚葬祭の場にはふさわしくありません。
普通、フォーマルな場面では黒のストッキングを履くことが好ましいです。
×服に合わせてネイルも黒くする
肌に馴染む色であれば問題はありませんが、黒く塗るのはファッションになってしまうのでNGです。

正しく着こなすブラックフォーマル

ブラックフォーマルについて知ることができたら、いよいよ購入です。
いちばん気になるであろう値段ですが、安いものは二万~三万円代から質にこだわると四~五万円代、六~七万円代のものまでありますので、自分に合った価格帯で選ぶとよいでしょう。
ブラックフォーマルには決まった型番があるので、流行などを気にせず購入することができます。
長く着ることができるので質の良いものを選ぶとより長く持つでしょう。
ブラックフォーマルを着る際は派手なアクセサリーなどは避け、真珠のようなシンプルなものを選びましょう。
バッグは装いと同じように黒くシンプルなものを選び、カジュアルなバッグやショルダータイプのものは避けましょう。
冠婚葬祭に初めて参加する場合は、今一度自分で調べたり、両親や経験のある人に聞いて最低限のマナーを身につけることが必要かもしれません。


TOPへ戻る