誰もが知っておくべき!ブラックフォーマルについての常識

>

さまざまなブラックフォーマル

三つの格式

ブラックフォーマルには、催しや立場によって異なる三つの格式が存在しますが、みなさんはそれぞれが何と呼ばれ、どのように着用するか知っていますか?
ここではブラックフォーマルの格式について紹介します。

・正喪服
亡くなった人や、主催者側の立場の人との関わりや縁が深い人などが着用する装いです。
格式が最も高い装いです。
・準喪服
いちばん使用できる場面が多い装いです。
一般的な葬式や通夜、法事などの多くの催しで着用することあります。
・略喪服
『お別れ会』などの近頃増え始めている催しなどにも向いている喪服です。
三回忌以降の法事、弔問や通夜などでも使用することができる装いです。

このように、ブラックフォーマルを自分ように選ぶ際は、きちんと使用する場面を見極める必要があるのです。

喪服、礼服との違いは?

『ブラックフォーマル』という言葉に聞き覚えがなくても、『喪服』や『礼服』という言葉なら聞いたことがある、またはそれがなにかわかる方もいるのではないのでしょうか。
『ブラックフォーマル』、『喪服』、『礼服』とは、それぞれ一体なんなのか、何が違うのかについて紹介していきます。

礼服とは、冠婚葬祭に出席する際に着る装いの総称のことを指します。
喪服とは、冠婚葬祭のうちの『喪』であるときに装うものを指します。
そしてブラックフォーマルとは、『礼服』のうちの『黒いもの』を指します。

この中ではブラックフォーマルは定義があいまいで、『喪服』のことを『ブラックフォーマル』と呼ぶことがあったり、結婚式などで着るフォーマルドレスのことを指して呼ばれることがあります。


TOPへ戻る