誰もが知っておくべき!ブラックフォーマルについての常識

>

ブラックフォーマルってなに?

そもそもブラックフォーマルってなに?

ブラックフォーマルとは、トップページでも記述した通り「冠婚葬祭にふさわしい装い」のことで、特に「黒い衣服」を指してそう呼ばれます。
これは正しい英語ではなく、和製英語でできています。

「黒い衣服」であることがブラックフォーマルには重要ですが、ただ黒くあればいいというわけではありません。
ブラックフォーマルと呼ばれるものは素材は上質なものが使われていて、ただ衣服が黒であっても、それをブラックフォーマルと呼ぶことはできませんし、普段着などで冠婚葬祭に出席するのは失礼に当たります。
また、ブラックスーツはあくまでビジネスの場で使用されるスーツであるので、ブラックフォーマルとは別物になります。
勘違いのないように気を付けてブラックフォーマルを選びましょう。

性別でも違うブラックフォーマル

一言でブラックフォーマルと言ってもさまざまな種類あり、性別ごとのブラックフォーマルが存在します。

まず女性用のブラックフォーマルですが、弔事用・慶事用などで分かれている形のものと、弔事用・慶事用関係なく着まわすことができる形のものが存在し、デザインや色、光沢などもそれぞれで違ってきます。
女性のブラックフォーマルの場合は、いわゆる喪服と呼ばれる礼服を指す言葉だと考えられることが多いようです。

また男性用のブラックフォーマルですが、女性用のように弔事用・慶事用で分かれているわけではありません。
礼服として主に考えられ、ネクタイの色を白や黒に変更することによって、冠婚葬祭でのどの場面でも着回すことができます。
男性のブラックフォーマルの場合は、ブラックスーツが準礼装にあたるもので、ブラックフォーマルとは別物になりますが、スタンダードなものになります。


TOPへ戻る