意外と知らない?ブラックフォーマルの常識を徹底解剖!

誰もが知っておくべき!ブラックフォーマルについての常識

ブラックフォーマルを身近に考える

人がこの世に生まれてから命を落とすまで、そしてその後に行われる身内での催しを指すことを、冠婚葬祭と言います。
一度でも、出席したことがある人も多いのではないでしょうか。

そういった大事な催しの際に着ていく衣服は、きっちりとマナーに適したものでなければなりません。
大切なひとのためのものならなおさら、失礼のないように準備していきたいですよね。
学生のうちは制服での出席も可能ですが、それ以降は自分で購入したりレンタルショップで借りたりなど、各自で用意しなければなりません。
はじめて出席する方は、どんな服がいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで必要になってくるのが、礼服です。
みなさんは、『ブラックフォーマル』という言葉を聞いたことがありますか?
文字の通り、冠婚葬祭に出席する際にふさわしい改まった衣服のことで、特に黒い衣服のものを指して『ブラックフォーマル』と呼ばれています。

『ブラックフォーマル』にも様々な種類があったり、性別によっても変わってきたりと、一言で「これがブラックフォーマルである」とは言い切れません。
「『ブラック』フォーマルだから黒ければ何でもいいんでしょう?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

『ブラックフォーマル』の定義がよくわからない方も、間違った覚え方をしている方も、はじめて冠婚葬祭に出席する方も、このサイトで『ブラックフォーマル』についての知識を身につけ、着こなしましょう。

TOPへ戻る